最初のSpotify – Spotifyについての正しい情報

monolist-aurex映画/本/音楽
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【最終更新日:2018年7月】

Spotifyは1億4000万人以上の登録者がいる音楽ストリーミング配信サービスです。

読み方は”スポティファイ”。

配信曲数は4000万曲以上です。

2016年から日本でもサービスを開始しました。

Spotifyについての古い情報や実際とは違った情報に正しい情報を付けて一覧にしています。正しい情報と間違った情報を区別するためです。

古くなった情報の記事を今も掲載しているサイトはコンテンツを更新していない可能性があります。

スポンサーリンク

「サービス開始当初のアカウント作成に必要だった招待コードの申請は不要になった」

Spotifyが日本でサービスを開始した当初は、アカウント作成にはSpotifyにメールアドレスを登録して招待コードを入手する必要がありました。

今は招待コードの申請は不要になり、アプリをインストール+アカウント登録ですぐ利用できます。

「無料プランの場合、スマホアプリの再生方法はシャッフル再生になる。PC・タブレットにシャッフル再生の制限はつかない」

無料プランに登録してスマートフォンで聴く場合、再生方法はシャッフル再生のみという制限があります(利用時間は無制限)。

無料プランはこのシャッフル再生の制限が付くという話でしたがこれはスマホアプリの場合でPC・タブレットでの再生では当てはまりません。PC・タブレットなら無料プランでも機能制限なしで再生はできます(利用時間に制限あり)。

「無料プランでPC・タブレットの場合、再生可能なのは30日間あたり最大15時間まで。月初めではなく利用開始日から数えて30日」

無料プランの利用には30日間あたり15時間までの利用時間制限があります。これはカレンダーの月ごとに15時間利用という意味ではなく、会員登録をして利用開始した日から数えて30日という意味でした。

X月8日から利用を開始したときはX月1日からではなくX月8日から数えて30日。X月8日から数えて30日ごとに最大15時間まで利用できるようになります。

「無料プランでPC・タブレットの場合、利用時間が15時間になると再生できなくなる。シャッフル再生もできない」

無料プランの場合、PC・タブレットでのSpotify再生可能時間は30日間ごとに15時間まで。15時間に達すると再生できなくなります。シャッフル再生でなら利用できるという話がありましたが間違った情報でした。シャッフル再生でも利用できません。15時間分利用したあとは次の30日間に入るまで音楽を再生することができません。

「Spotifyにユーザー名変更機能はついていない」

Spotifyアカウントのユーザー名は基本仕様では変更できませんでした。

「無料プランで同じ曲を一定回数聴くとそれ以上聴けなくなる話は間違い」

Spotifyの日本でのサービス開始当初、同じ曲を一定回数聴くとその曲が再生不可になる設定だという話が一部であったようです。これは特定の国のSpotifyに実際にある設定らしいです。

日本のSpotifyでは何回同じ曲を聴いても問題ない設定が採用されています。(無料プランで使用時間の制限があるが繰り返し同じ曲を聴くことに問題はないという意味)。

「Spotifyにログインするとき入力するのはユーザー名とパスワード。メールアドレスではない」

Spotifyにログインするとき入力するのはユーザー名とパスワードのふたつです。

ログインできない場合、ユーザー名ではなくメールアドレスを入力している可能性があります。

登録したメールアドレスをユーザー名のかわりに入力してもログインできません。

「Spotifyのスイッチはオンのとき緑色が表示される」

Spotifyの機能などのオンオフに使うスイッチについて。

  • スイッチを右にするとオン(緑色が表示された状態。丸ボタン部分は白になる)
  • スイッチを左にするとオフ(緑色は消えて黒色になる。丸ボタン部分が灰色になる)

オンオフを示す緑色がボタン部分ではなく空いたスペースに表示されるため混乱しやすいです。

「歌詞表示機能がある」

曲を再生する時、歌詞が表示できることは意外と知られていません。

  • マイクのイラストアイコンを押す(デスクトップの場合)
  • 歌詞という表示をタップ(スマホ・タブレットの場合)

再生している曲の歌詞を表示できます。

※歌詞表示がない曲もあります。

「EXPLICIT」表示があるのは過激な表現を含む曲

曲名の後ろに「EXPLICIT」と表示されているものがあります。

explicitとは直接的とか露骨という意味です。

この場合は教育的に過激な表現が含まれるという意味だそうです。

子供が聴くなら注意が必要な歌詞だという表示です。