「銀河と銀河系と太陽系のちがい」

gingaエンタメ/ハウツー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

宇宙の中には銀河がたくさんあって、

その中に銀河系という名前の銀河があって、

その銀河系の中に太陽を中心とした太陽系がある。

太陽系の中にあるのが地球。

スポンサーリンク

「太陽系と銀河について」

太陽は恒星という種類の星。

恒星は自分で熱とか光とかを出している星のこと。

宇宙には恒星がたくさんある。

恒星の太陽を中心にして公転する星の集まりが太陽系。

太陽系は太陽を中心にした星の集団の名前。

恒星が公転している星の集まりがあって、これを銀河と呼ぶ。

太陽系(太陽を中心にして星が公転)みたいに、恒星が公転している集まりが銀河。

太陽も銀河の中で公転している恒星のひとつ。

この銀河とよばれる集まりは宇宙にたくさんある。

太陽系の星が太陽を中心に公転しているのは太陽の重力のせい。

銀河の場合、恒星とかの星が公転しているのはブラックホールのせいらしい。

ブラックホールがほとんどの銀河の中心にあるらしくてそれの重力で恒星などの星が公転している。

ブラックホールを中心に恒星が公転している星の集団の名前が銀河。

恒星の太陽を中心にして公転する星の集団の名前が太陽系。太陽系の中に地球はある。

taiyoukei

「銀河と銀河系はちがう」

銀河系は名前に銀河とついているからわかりにくいけど銀河とはちがうもの。

銀河は恒星などの天体が公転している星の集団の名前。

銀河系はその銀河の中のひとつについている名前。

銀河のひとつの銀河系という名前の星の集団の中にある恒星のひとつが太陽。

太陽系は銀河系の中にある星の集団の名前。太陽系の中に地球がある。

ginga

「ここまでのおさらい」

宇宙があって、その中に地球がある。

地球は太陽のまわりを回っている。

地球のほかにも星があって同じように太陽のまわりをまわっている。太陽を中心としたこの星の集団を太陽系という。

太陽は恒星という種類で、自分で熱とか光とかを出している星。

月は恒星じゃない。

太陽みたいに夜に光ってるけどあれは太陽の光を反射していて自分で光ってるわけじゃない。

 

太陽みたいな恒星が宇宙にはたくさんある。

そして地球が太陽中心に公転するみたいに、恒星もブラックホールを中心にしてまわっている。これを銀河という。

銀河と銀河系はちがうもの。

恒星などの天体が公転している星の集団のことを銀河と呼んで、その銀河の中のひとつに銀河系と名前がつけられている。

宇宙にある銀河のうちの、銀河系という名前の銀河の中にある恒星のひとつが太陽。この太陽を中心にまわる星の集団を太陽系と呼ぶ。