コビトカバの白い分泌物について

kabakobitokabaエンタメ/ハウツー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

コビトカバの白い分泌物についての疑問があって調べ中。

でもまだ途中。

わかったことはあるけど、はっきりした結論がまだ出てない状況。

コビトカバは世界三大珍獣のひとつです。別名ミニカバ。

このコビトカバを観察していて気づいたこと。

それは、耳のまわりに付いた白い液体。

これが何なのか気になっていました。

この分泌物について説明したものを見つけました。それには、

この白い分泌物は耳の病気というわけではなく、カバの赤い分泌物と同じ成分。コビトカバの分泌物は色が白い。

ということが書いてありました。

カバがかく血の汗(正確には汗とちがう成分の分泌物が赤色に変化したもの)と同じという説明でした。

これが本当かどうか、ほかの説明も調べました。

コビトカバの体が赤く見えるときがあって、これをカバと同じ赤色の分泌物のせいだと思っていたからです。白い分泌物が本当に赤い分泌物と同じか、さらに確認してみました。

スポンサーリンク

「コビトカバの分泌物は赤か白か」

別のところでもこの白い分泌物についての解説を見つけました。

それによると、

コビトカバはカバと同じ赤い分泌物があるけどそれが白色で分泌されることもある

という話でした。

コビトカバの分泌物は赤もあるけど白もあると。

でも、どちらの説明も非公式なものだったので正しい情報か確認する必要がありました。

動物園の公式サイトに解説がないか探したら、ある動物園の説明で、

コビトカバの分泌物は白色

だとありました。そこでは赤色については触れていません。

でも、別の動物園の解説では、

コビトカバはカバと同じく分泌物は赤色

だと書いてありました。こちらは白い分泌物についての説明がなかったです。

「コビトカバの白い分泌物は謎のまま」

そのあとも調べたのですがこの分泌物がなんなのかは結局不明です。

いつか専門家の人に質問してみたいです。

カバの赤い分泌物は日焼けから皮膚を守る成分入り。広い範囲が赤色になってます。

コビトカバの白い分泌物は耳のまわりだけでしか見たことありません。

白いほうも同じ分泌物だとすれば、体のほかの部分も白くならないといけない気がします。

ただし、耳まわり以外にも付いているけどたまたま見てない可能性も一応あり。

ほかには、分泌されているけど色が付いてない可能性とか。

カバの分泌物は最初は無色なので、コビトカバの場合にそれが変色しないで分泌されるのなら見えなくなるかなと。

でもそれなら成分がちがうことになりそうだし、白い色はなぜなのって話にもなるしで、やっぱりよくわからないです。謎です。