太陽は地球のような地面がない – 太陽についてのかんたん基礎知識まとめ

エンタメ/ハウツー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【最終更新日:2017年12月】

太陽についての基礎知識のまとめ。

太陽は太陽系にある天体のひとつ。

太陽系の中心にあたるのが太陽です。

スポンサーリンク

太陽系にある恒星は太陽だけ

太陽系に存在する恒星はひとつ。

太陽が太陽系唯一の恒星。

太陽は気体でできている

太陽は気体のあつまり。地球のような地面はない。

高温のガスで太陽はできている。

太陽は主に水素とヘリウムでできている

太陽を構成する主な要素は水素とヘリウム。

水素が約70パーセントにヘリウムが約30パーセント。

太陽は燃えていない

太陽は燃焼によってではなく核融合反応によって光や熱を放出している。

水素が核融合反応でヘリウムに変換。太陽の光や熱はこのとき放出される。

太陽には寿命がある

将来、太陽の光や熱の元になる水素が減って、太陽は現在のような状態ではなくなる。太陽に寿命がくるということ。

太陽が誕生してから約46億年経っている。太陽の寿命は約100億年と考えられているので、太陽の寿命はあと約50億年。

太陽から地球までの距離は約1億5000万キロメートル

太陽から地球までの距離は約1億5000万キロメートル。

月から地球まで約38万キロメートルだから太陽から地球までは、月から地球までの距離の約400倍。

太陽の直径は地球の約100倍

太陽の直径は 約140万キロメートル。

地球の直径は約13000キロメートルなので、太陽は地球の約100倍の直径。

最後に太陽についてのかんたんまとめ

  • 太陽系に存在する恒星はひとつだけ。太陽のみ。
  • 太陽は気体のかたまり。地球のような地面はない。高温のガスで太陽はできている。
  • 太陽の主な成分は水素とヘリウム。水素が約70パーセントにヘリウムが約30パーセント。
  • 太陽は燃焼によってではなく核融合反応によって光や熱を放出している。
  • 太陽の寿命はあと約50億年。
  • 太陽から地球までの距離は約1億5000万キロメートル。月から地球までの距離の約400倍。
  • 太陽の直径は 約140万キロメートル。太陽の直径は地球の約100倍。