類人猿と霊長類のちがいについて教えてもらいました

エンタメ/ハウツー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ゴリラについて書いてあった本を読んでいたら、霊長類とか類人猿とかの意味がまざってなんか混乱してきたのでちょっと一回意味を確認。

このあと話すのが類人猿と霊長類についてわかったことなんですが、分類などで諸説あったりもするらしくそのあたりは一般的な説を採用するようにしています。

 

スポンサーリンク

「霊長類とは」

霊長類は類人猿も含むいわゆるサルと呼ばれる動物全部のことです。ヒトも入ってます。

人間は霊長類でした。

「霊長類」は正式な言い方だと「霊長目」

霊長類という言い方は実は正式な呼び方ではありませんでした。

正式には霊長目。

生物の分類で書いてあるのは霊長目。

「目」のほうです。本当は「類」ではありません。

「霊長類」も「サル目」も「霊長目」のことを指す

そしてこの霊長目。

サル目と書いてあることもあって、これは呼び方がちがうだけで同じ意味だそうです。日本では霊長目とサル目というふたつの言い方があるらしいです。

 

そういうわけで、全部「霊長目」のことを指してます。

霊長目=サル目=霊長類 です。

 

「類人猿ってなんなのか」

次に類人猿のこと。

類人猿は霊長類のうちのヒトに似た種類の呼び名で、正式名称ではなく通称。

サル全部が類人猿ではありません。サル全部が入るのは霊長類のほう。

類人猿に入るのは

  • ゴリラ
  • オランウータン
  • チンパンジー
  • ボノボ
  • テナガザル科のサル

これが類人猿にあたります。

テナガザル科以外のサルはちがうそうです。

というわけで霊長類の中の上にあげた種類が類人猿ということでした。

「霊長の意味について」

霊長類のちゃんとした意味が知りたかったので辞書で調べました。

霊長類の”霊長”は「万物の霊長」の”霊長”と同じ

「霊妙な力を持つ長(おさ)」で、霊妙な力を持ついちばん優れたものみたいな感じ。

今度は霊妙というはじめて聞く言葉が。

「霊」は「神秘的に思えるほど」で

「妙」が「すごい、すばらしい」みたいな意味。

なるほど。

 

この「妙」は「妙な話」などで使用されるときと意味がちがっているのでよくわからなかったのですが、「妙なる」という言葉があるそうです。読み方は「たえなる」。

「妙なる案」とか「妙案」で「すばらしい案」みたいな意味になるということでした。

辞書の「妙」の意味でも「不思議な」「すばらしい」両方がありました。

 

「類人猿のいる日本の動物園」

類人猿がいる動物園などの話は以下。

【ゴリラ】ゴリラがいる日本の動物園

【オランウータン】オランウータンがいる北海道・東北地方の動物園

【チンパンジー】チンパンジーがいる北海道・東北地方の動物園

【ボノボ】ボノボがいる日本の動物園

「テナガザル科のサル」はちょっと気になることがあって非公開。