【GoPro】笑う子どものゴリラをみた

エンタメ/ハウツー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ウェアラブルカメラの有名ブランドのひとつがGoProです。

GoProのカメラを使用した動画をみるならGoProのYouTube公式チャンネルです。

いろいろな状況で撮影された興味深い動画を大量に見つけられます。

スポンサーリンク

子どものゴリラ、くすぐられて笑う

 

GoProのYouTube公式チャンネルで公開されている「GoPro: Gorilla Tickling at the GRACE Center」という動画。

(GoProのTwitterより)

「GRACE Center」は海外にあるゴリラを保護する施設だそうです。施設で保護したゴリラのことが動画の中で紹介されています。

動画の途中にあるゴリラの赤ちゃんが職員と遊んでいる場面。職員が体をくすぐると赤ちゃんゴリラが笑いだすのです。

イヌもネコも笑った表情に見えることがあります。ゴリラの笑いはあのような感じではないです。

動画を見るとわかりますが、人が声を出して笑っている様子に近いです。

この映像をみてゴリラが笑うことを知りました。

ゴリラは4種類いる

ゴリラが笑うという話を以前に読んだことがあったというので確認してみたら本当でした。

ウェブサイトほぼ日刊イトイ新聞に「おさるの年にゴリラの話を」というコンテンツがありました。

この中でゴリラが笑う話が出てきます。

「おさるの年にゴリラの話を」

糸井重里と山極壽一(やまぎわじゅいち)という霊長類の研究をしている人が対談する内容です。

ゴリラはニシゴリラとヒガシゴリラに分かれているそうです。

ニシゴリラは

  • ニシローランドゴリラ
  • クロスリバーゴリラ

ヒガシゴリラは

  • マウンテンゴリラ
  • ヒガシローランドゴリラ

これで全部。4種類です。

霊長類研究者が教えるゴリラの種類の見分け方

この「おさるの年にゴリラの話を」という対談の冒頭。

対談場所に用意された置物のゴリラ。

その種類をマウンテンゴリラだと話し、どこからそのように判断したのか説明をしています。

次のような説明でした。

まずヒガシゴリラかニシゴリラか。

ヒガシゴリラの特徴

  • ヒガシゴリラは鼻柱(鼻の穴の間にある縦線の部分)がつながっている

ニシゴリラの特徴

  • 鼻柱に切れ目がある

この置き物のゴリラは鼻柱がつながっている。

鼻柱がつながっているのはヒガシゴリラ。

ヒガシゴリラは2種類

  • マウンテンゴリラ
  • ヒガシローランドゴリラ

マウンテンゴリラとヒガシローランドゴリラのちがい

  • マウンテンゴリラは鼻の上にある鼻紋という部分がきれいに見える
  • ヒガシローランドゴリラは鼻紋がほとんど見えない

このようなちがいから置物のゴリラはマウンテンゴリラだと断定していました。

おさらい

前に読んだことがあったゴリラの見分け方は

  • ゴリラは成長すると背中の毛の色が白に変色。ニシゴリラとヒガシゴリラには変色する位置にちがいがあるので見分けられる

というものでした。

わかりやすいのですが、この方法を利用できるのは成長したゴリラ限定。

対談で見分けるときに利用していた部分だとすべてのゴリラに有効なので便利です。

ゴリラの画像を見てみました。

gorilla1

ゴリラです

特定まではいきませんでした。むずかしい。

特に鼻紋の見方がよくわかりません。これがわかるとだいぶ見分けやすそうなので残念です。

ほかにも特徴のひとつとしてあがっていたのが

  • マウンテンゴリラは腕が毛むくじゃら

だったのですがこれもわからなかったです。どの種類もふさふさに見えました。

世界の動物園にいるゴリラはほぼすべてがニシゴリラだそうです。

日本の動物園にいるのはすべてニシゴリラです。

ゴリラは日本には生息していません。

日本では動物園だけがゴリラに会える場所です。