【スナドリネコ】スナドリネコがいる日本の動物園

エンタメ/ハウツー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スナドリネコがいる日本の動物園とスナドリネコの謎だったこと調べ。

日本でスナドリネコが飼育されている動物園は全部で3か所(2020年7月確認)。

少ないです。

  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)
  • 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)
  • 神戸どうぶつ王国(兵庫県神戸市)

以上の3施設。

4施設というのは古い情報(以前は4施設あり)。

スポンサーリンク

「スナドリネコの名前の意味」

スナドリは「漁り」という字。これで「すなどり」と読んで、意味は「漁をする」だそう。

魚をとって食べる猫という意味でした。「砂を取る」みたいな語源ではありませんでした。

英語名もFishing Cat。

スナドリネコは水のある地域に生息して魚を捕って食べている猫。めずらしいです。

魚だけを食べる猫ではないです。

動物園では水場が用意されていてそこにいる魚を捕まえる場面を観察できますが、通常のエサは鶏肉など魚以外のものだそう。野生の場合も同じで魚以外のものも食べているそうです。

スナドリネコを飼育しているイギリスの動物園のTwitter公式アカウントから。名前はFrodo。

スナドリネコは、いがらしみきおのマンガ「ぼのぼの」の登場人物なんですが、それ以外では知名度が低い動物なのかもしれません。

自分が確認した感じでは、スナドリネコがわかるのはこのマンガを知っている人だけみたいでした。