【ライオン】ライオンがいる日本の動物園(北海道・東北地方・関東地方)

エンタメ/ハウツー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
 

ネコ科の大型動物のライオン。

スナドリネコもマヌルネコもイエネコも一応全部同じネコ科。

生態はちがいあり。

スポンサーリンク

「ライオンがいる北海道・東北地方・関東地方の動物園」

ライオンがいる北海道・東北地方の動物園は以下(2020年確認)。

北海道

  • 札幌市円山動物園(北海道札幌市)
  • 旭川市旭山動物園(北海道旭川市)
  • 釧路市動物園(北海道釧路市)
  • おびひろ動物園(北海道帯広市)
  • ノースサファリサッポロ(北海道札幌市)

東北地方

  • 盛岡市動物公園(岩手県盛岡市)
  • 秋田市大森山動物園(秋田県秋田市)
  • 東北サファリパーク(福島県二本松市)

この8施設です。

そして関東地方にある動物園でライオンがいるのは次の10施設(2020年確認)。

  • 宇都宮動物園(栃木県)
  • 那須サファリパーク(栃木県)
  • 桐生が岡動物園(群馬県)
  • 群馬サファリパーク(群馬県)
  • 日立市かみね動物園(茨城県)
  • 東武動物公園(埼玉県)
  • 千葉市動物公園(千葉県)
  • 多摩動物公園(東京都)
  • よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)
  • 野毛山動物園(神奈川県)

ライオンはほかにも全国のいろんな動物園で飼育されていました。

意外といろんな場所で会える大型の猛獣です。

旭山動物園のオリト。

 

ライオンについてかんちがいしていたことあり。

崖から子供を落として育てるという話。

「ライオンは自分のこどもを崖から落とさない」

「ライオンは自分のこどもを崖から落とす。そして自力で登ってきた強いこどもだけを育てる習性」だと以前ききました。

これ、まちがった情報でした。

この話の元になった言葉があって、それは「獅子の子落とし」っていうやつ。

でもこれは「獅子」という名前の想像上の生物のことで、現実にいる動物のライオンの話じゃないそうです。

日本だと獅子といえばライオンですけどこっちのほうじゃなかったです。別の意味の獅子でした。

ライオンは子育てする動物だそう。