【ゴリラ】ゴリラがいる日本の動物園

エンタメ/ハウツー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

日本の動物園でゴリラがいるところは全部で6か所です(2020年6月確認)。

象、キリンと比べると少ないです。

2016年はゴリラが飼育されていた施設は8か所でしたがその後7か所に。

そして現在は6か所の施設でゴリラが飼育されています。

「ゴリラがいる日本の動物園が8か所・7か所」というのは古い情報になります。

スポンサーリンク

ゴリラがいる動物園は少ない

ゴリラがいる日本の動物園は全部で6か所。意外に少ないです。

  • 東京都恩賜上野動物園(東京都)
  • 千葉市動物公園(千葉県千葉市)
  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)
  • 日本モンキーセンター(愛知県犬山市)
  • 浜松市動物園(静岡県浜松市)
  • 京都市動物園(京都府京都市)

地方別でいうと

関東地方に2施設

  • 東京都恩賜上野動物園(東京都)
  • 千葉市動物公園(千葉県千葉市)

中部地方に3施設

  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)
  • 日本モンキーセンター(愛知県犬山市)
  • 浜松市動物園(静岡県浜松市)

近畿地方

  • 京都市動物園(京都府京都市)

という感じ。

北海道、東北地方には現在はゴリラが飼育されている動物園はありません。

象、キリン、ライオンなどはいろんな動物園で会えるんですけど(象がいる日本の動物園は40か所以上。キリンも50か所以上の動物園にいます)、ゴリラの場合はこんなに施設が少ないのでなかなか会えない動物なんですね。ゴリラを見たことない人は意外と多いかも。

北海道にいる人がゴリラを見たいと思ったら関東まで行く必要があります。(2019年5月までは日本でいちばん北にあったのは仙台市八木山動物公園のゴリラ。それでも宮城県でした。)

この状況を考えるとゴリラを直接見たことがない北海道居住者が大勢いるような気がしていたのですがちょっとちがいました。

昔は北海道にもゴリラがいる動物園があったそうです。

それは札幌市の円山動物園でした(円山動物園にいたのは2004年まで)。

糸井重里と対談していた人は日本モンキーセンターの博物館館長だった

日本に7か所あるゴリラがいる施設のうちのひとつ、愛知県にある「日本モンキーセンター」。

この日本モンキーセンターは霊長類専門の動物園。霊長類に特化した珍しい施設です。いろいろな霊長類をみることができます。

日本モンキーセンターのウェブサイトをみると、日本モンキーセンター博物館館長に山極壽一(やまぎわじゅいち)という人が就任したと書いてありました。

「おさるの年にゴリラの話を」

ほぼ日刊イトイ新聞の「おさるの年にゴリラの話を」というコンテンツで糸井重里と対談していたのがこの人です。

20世紀になってからゴリラが発見されたという話はまちがいらしい

ところで、ゴリラは20世紀(1900年代)になってから発見された新種の生物だったと書かれた本を読んだことがありました。

ずっとそうなのだと思っていたのですが、別の本によるとまちがいらしいです。

はじめてゴリラの存在が確認されたのは19世紀の中ごろ(1800年代)だったそうです。20世紀ではなくもっと昔です。

  • 19世紀の中ごろアフリカでゴリラ発見
  • それから約50年後の20世紀の初めに別種のゴリラを発見
  • 生息地が山だったのでマウンテンゴリラと名前がつき、19世紀にもう存在が知られていたゴリラのほうは標高が低い土地(ローランド)に生息していたのでローランドゴリラに名前を変更

もっと現代に近い時期に発見されたイメージでしたが19世紀でした。約50年のちがいですが大昔になった気がします。

そして新種の生物ではなくゴリラの別種が発見されたというのが本当だったようです。

ゴリラが笑った話とゴリラの見分け方。