非常用持ち出し袋に入れておく防災ハンドブック『東京防災』

ニュース/ブログ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

読んでおいてよかった本。

スポンサーリンク

『東京防災』はどんな本か?

1. 『東京防災』ってなに?

⇒ 『東京防災』は防災ハンドブックです。災害が発生したとき必要になる情報を一冊にまとめています。

2. どこが作成した? 

⇒ 東京都が作成しました。

 

3. 東京以外の地域でも利用できる? 

⇒ タイトルに東京とありますが居住地域に関係なくすべての人に役立つ防災ハンドブックです。

 

4. 防災行動の内容は全国共通

⇒ 災害発生時の行動手順や用意しておく物品など、防災に関する情報はどこに住んでいる人にとっても基本的に同じ内容です。

 

5. 内容は? 

⇒ 災害発生時には防災マニュアルとして使用できる実用的な内容です。

 

6. 本の構成

⇒ 防災情報についての章目は5つに分かれています。

  • 「大震災シミュレーション」
  • 「今やろう 防災アクション」
  • 「そのほかの災害と対策」
  • 「もしもマニュアル」
  • 「知っておきたい災害知識」

 

7. 本の仕様

⇒ A5サイズのソフトカバー。総ページ数340ページです。

 

8. 『東京防災』はこんな本

  • 災害が発生したときに必要となる情報を一冊にまとめた防災ハンドブック。
  • 読みやすい。わかりやすい。豊富なイラストを掲載して解説文を補助。
  • どの年齢層の人でも理解できる内容を目指して作成された本。
  • 居住地域に関係なく日本に住むどんな人にも役立つ本。
  • 災害に備えて用意する必要がある物品を具体的に解説した本。
  • 災害が発生したときの行動手順を実践的に説明した本。
  • 災害発生時には行動マニュアルとして使用できる本。

 

9. 災害に備えて用意する本としておすすめ

非常用持ち出し袋に入れる防災ハンドブックとして。

防災用品を準備するときのガイドブックとして。

災害が発生したときの行動手順を確認するための防災マニュアルとして。

災害が発生したとき必要になる情報を一冊にまとめた、いざというときに役立つ本です。

もしものときに備えて用意する防災ハンドブック。