Tychoの読み方はタイコ(Ty-Ko)

映画/本/音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

アルバム『DIVE』が日本でもロングセラーとなったTychoの名前について。

スポンサーリンク

Tychoの正式な発音についてTycho本人が答えていた

Tychoはサンフランシスコを拠点に活動しているアーティストScott Hansenの音楽プロジェクトです。

2016年発表のアルバム『EPOCH』は2017年度グラミー賞の最優秀ダンス・エレクトロニック・アルバム賞にノミネートされました。

Tychoは、日本での紹介記事などでは”Tycho (ティコ)”と表記されていることが多いです。

ただ本人が自己紹介するときは”タイコ”か”タイコー”と言っているようにきこえます。

Tychoの読み方はタイコ(Ty-Ko)

Tychoのスコット・ハンセンがこの件について答えています。

スコット・ハンセン曰く、Tychoの発音は”Ty-Ko”だそうです。

“ティコ”よりも”タイコ”に近い発音でした。

スコット・ハンセンがTychoのデンマーク語での発音の話題に触れていることから、Tychoの名前の由来は、Tycho Braheにちなんで命名された月にあるクレーター”Tycho”からか、このデンマーク人の天文学者Tycho Braheからと思われます。

この人物の名前Tychoのデンマーク語読みはティコに近い発音になります。日本ではTycho Braheはティコ・ブラーエという表記です。

そしてTychoの発音は言語によって異なり、デンマーク語ではティコに近くなり、英語ではタイコに近くなります。

どちらかが誤りなのではなく使用言語による発音のちがいだったわけです。

スコット・ハンセンは英語圏の人なので発音はタイコ(Ty-Ko)。日本語でのTychoの読みの表記にはティコが選択されているということのようです。

というわけでスコット・ハンセンが自己紹介するときの「タイコ」、または「タイコー」がTychoの正式な読み方。

Tychoの読み方の公式回答出ました

これはTychoのTwitterアカウントのツイート。

フジロックフェスティバル’19に出演したTychoからのメッセージ。

最後にカタカナで「タイコ」と書いてあります。

公式の発言です。

というわけでTychoの読み方問題はこれで解決したのでした。

 

Tychoのアルバム三部作

Tychoの2016年のアルバム『Epoch』は三部作のシリーズのひとつです。

シリーズ一作目のアルバム『DIVE』は日本でもロングセラーとなりました。

Tychoは音楽ストリーミングサービスSpotifyに配信楽曲を提供中です。

SpotifyではほかにもTychoのScott Hansenが作成したプレイリストが聴けます。