ヴィンセント・ギャロが一人で作ったアルバム『When』

映画/本/音楽
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ヴィンセント・ギャロ『When』。

ヴィンテージ機材を使って自宅スタジオで収録したアルバム。

スポンサーリンク

【アルバム】ヴィンセント・ギャロ / 『When』

ヴィンセント・ギャロはアメリカ人のミュージシャンで俳優です。映画監督で画家でモデルでもあります。

『When』はヴィンセント・ギャロが2001年に発表したアルバムです。

ヴィンセント・ギャロのセルフプロデュースだった『When』の全ての曲は彼の自宅にあるスタジオで収録されています。

ヴィンセント・ギャロが所有する1940、50年代のヴィンテージ機材が使用され、楽曲制作作業は彼一人だけで行いました。楽器の演奏を担当したのも本人です。

理想とする音を実現するため、ギャロは音響機材を1年以上かけて最適な形に調整したそうです。

完成したアルバム収録曲は最小限の楽器で作った余分な装飾のない音で構成されています。

映画を作った理由を問われて、映画を制作することによって自分の中にある苦悩を克服できると考えているからだと答えていたギャロ。

彼のほかの創作活動も同じ理由からなのだと思います。

 

音楽ストリーミング配信サービスSpotifyの配信楽曲に数は少ないですがヴィンセント・ギャロの曲を発見(2017年に確認)。