もしも映画『サバイバルファミリー』みたいになったら

helm-640映画/本/音楽
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

『サバイバルファミリー』は2017年公開の映画。

監督は『ウォーターボーイズ 』『スウィングガールズ』の矢口史靖。

出演 小日向文世・深津絵里ほか

東京で暮らす普通の四人家族。ある日街に異変が起きて……。

兄妹役の二人はこの映画ではじめてみた俳優でした。

兄役はNHK連続テレビ小説の『ひよっこ』の主人公の幼馴染役。妹役は『わろてんか』の主人公だそうです。

スポンサーリンク

おもしろくてちょっとこわくなる映画

この『サバイバルファミリー』という映画。

非常事態を少数の人物の周辺から描写するために状況がわからないまま話が進んでいきます。

映画『クローバーフィールド』や小松左京の小説「夜が明けたら」みたいな雰囲気です。

だんだん事態が深刻だとわかってくるのが不気味でした。そういうところは普通にこわかったです。

ジャンルはコメディなので家族みんなで楽しめる映画でした。

ただ、この映画をみおわったあと実際に非常事態になったときのことを誰でも考えると思います。

停電したらどうするか。

水道がとまった場合はどうか。

それが短期間なら大丈夫だけど。

普通の人が実際に用意できている災害の備えは意外に懐中電灯とろうそく程度だとききました。

防災グッズをちゃんと用意している人だとしても、短期間の非常事態を想定して準備をしていると思います。

この映画がこわいところは非常事態になる期間です。

事前情報なしで映画をみたら想像していた期間とのちがいに戸惑いました。

自分が思う大丈夫な期間を上回ったあたりで、実際に自分が同じ状況になったときのことを考える人が多いのではないでしょうか。

家族一緒にこの映画をみたら、非常事態になったとき自分だったらどうするかという話題に自然となる映画でした。

防災のこと。