「メモ帳が保存できない」を直す方法とメモ帳では文字数の確認ができない話

ニュース/ブログ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

WindowsPC付属のテキストエディタ メモ帳の話です。

WindowsのPCを使っていて何かメモするときには、テキストエディタのメモ帳を使うことが多いです。ぱぱっとメモするときには楽なエディタです。

このメモ帳なんですが、文章を入力して保存したらエラーメッセージが出ることが今までに何度かありました。

その解決方法です。

これはメモ帳で起きる定番のエラーだそうです。

スポンサーリンク

「メモ帳で保存できないエラーの直し方」

エラーメッセージは次のようなもの。

「メモリ不足のためこの操作を実行できません。Windows アプリケーションをいくつか終了して空きメモリ領域を増やしてから、再実行してください。」

メッセージにはメモリ不足とありますが実際にはメモリは足りていました。

大量にソフトを開いたりしていないならメモリは関係ありません。

説明は省略します。これはソフトのバグみたいな現象のようです。

そして解決法はこれ。

  1. メニューバーの書式にある項目 右端で折り返す のチェックを外す
  2. 保存
  3. 右端で折り返す にチェックを入れ直す

これでエラーが出なくなります。かんたんでした。

エラーメッセージのウィンドウでOKを押して、×をクリックでメモ帳を閉じても保存されると説明があったのですが、確認してみたら未保存だったことがありました。

右端で折り返す のチェックを外す方が安全だと思って書いていますが個人の感想になります。

「メモ帳では文字数の確認ができない」

ちゃんと文章を作成するときはほかのテキストエディタを利用するほうが便利です。でもメモをとるだけならメモ帳のほうがかんたんにできます。

ただしメモ帳は最小限の機能だけのシンプルなブラウザ。文章作成に便利な機能は少ないです。

メモ帳にはテキストエディタに普通付いている、入力した文字数を確認する機能がありません。

Windows付属のもうひとつのテキストエディタ ワードパッドでも文字数確認はできないです。

メモ帳もワードパッドも文字数カウントができないソフトでした。

文字数を知りたければ、ほかのテキストエディタに文章を貼り付けして調べるのが正解のようです。

やり方(ワードに貼り付けする場合)

  1. メモ帳の文章をコピー
  2. ワードを開いてコピーした文章を貼り付け
  3. メニューにある文字数カウントをクリック

です。

文字数・行数などの情報が表示されるので確認できます。

これでうまくいきました。