【映画】「メメント」の構成が時系列を逆にしているのはなぜか

映画/本/音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「メメント」は2001年製作のクリストファー・ノーランが監督した映画。

クリストファー・ノーランは「ダークナイト」「ダンケルク」などの監督です。

以下は映画「メメント」のストーリーのネタバレを一部含みます。

主人公は記憶障害になった男。この人は新しい記憶を覚えていられません。数分たつと記憶がリセットされてしまうのです。

そのたびに主人公は自分が今何をしているのか推測することになります。

この映画は構成が変わっています。ちょっと複雑です。

見ている人は映画の結末の部分をまず知ります。そしてなにが起きてそうなったのか逆の順番でみていきます。

今見ている場面の次に来るのは、今見た場面の前にあったできごとになります。

その構成の間に挟まるもうひとつの場面があったりもして、集中して見ていないと混乱するストーリー展開でした。

自分の場合はやっぱりよくわからないところがあって見直してました。何回か見て楽しむ映画でした。

スポンサーリンク

「メメント」はなぜ時間を逆行する構成なのか

この映画の時間をさかのぼっていく構成は後で思いついた感じがします。

数分しか新しいことを記憶できない男の話が先にあって、その後で順番を逆にすることを決めたという意味です。

この記憶障害を持つ主人公の話をどう映画の脚本にするか考えた結果、こんな構成になったように思います。

主人公は数分ごとに新しい記憶がリセットされるので、そのたびに手がかりになるものを確認しないと今の自分の状況がわかりません。

次のシーンになるたびに自分の状況を推理する主人公。

監督は主人公のこの状態を映画を見ている人に体験させたかったんじゃないかと思いました。

  • 主人公と同じように見ている人にも前の場面に何があったかわからないようにしたい。
  • でも普通の構成なら、見ている人は前の場面を見ているから何があったかはわかる。
  • 場面を分割して、過去に戻っていくように並べる。そうすれば前にあったできごとをその後で見るから、場面が変わるたびに主人公と同じように状況がわからなくなる。
  • 主人公の記憶障害の状態のような体験ができる。

こういうことなのかなと思いました。

主人公のように次の場面になると状況がわからなくなり、何が起きているのか考えなければいけない。見ている人にもそんな状況を作ったらできたのがこの映画のような気がします。

そのつもりでみるとモーテルの人の話などはこの映画の構成について説明しているようにきこえます。

こんなことを考えていたのですが、この監督は「フォロウィング」とか「インセプション」とかパズルのような構成の映画を作っています。やっぱり複雑な構成の話が好みだからこういう構成にしたのかもしれません。

自分が好きなクリストファー・ノーランの映画はこの「メメント」と「フォロウィング」です。こういう製作費が少なそうな映画もまた監督してほしいです。

 

DVD・ブルーレイはこの映画を順番通り並べなおして見ることもできます。

この機能がブルーレイにはないという説明を読んだのですが、DVD・ブルーレイ両方についてました。

最初は未収録で後から追加された機能なのかもしれないので、特典に「リバース・シークエンス再生」が収録されているか確認したほうがよさそうです。

内容を理解する助けになる特典でした。