『ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ』収録のバージョンは劇場公開版らしい

eigamiru映画/本/音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

映画『ブルース・ブラザース』にはディレクターズ・カット版と劇場公開版があります。

今月に映画『ブルース・ブラザース』のDVDブルーレイが発売されました。タイトルは『ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]』です。

この「思い出の復刻版」というシリーズは英語字幕のほかに過去にテレビ放送されたときに使用した日本語吹替音声を収録しているのが特長です。

スポンサーリンク

今までの『ブルース・ブラザース』のDVDの大半はディレクターズ・カット版を収録している

『ブルース・ブラザース』にはディレクターズ・カット版と劇場公開版が存在します。

今まで発売された『ブルース・ブラザース』のDVDのほとんどがディレクターズ・カット版だったので劇場公開版は見る機会がほとんどなかったと思います。

ディレクターズ・カット版の収録時間は148分で、今回のブルーレイに収録された『ブルース・ブラザース』は収録時間133分と表記されています。

『ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ』は劇場公開版です。

「劇場公開版のほうがおもしろいと思う」

監督の意図を反映して今までなかったシーンが追加されたのがディレクターズ・カット版です。

劇場公開版はディレクターズ・カット版収録のシーンがなくなって十数分短くなっています。

映画をたくさんみる人は『ブルース・ブラザース』のディレクターズ・カット版を最良のバージョンとして推薦するかもしれないです。

でも自分が好きなバージョンは劇場公開版のほうです。

いくつかのシーンを省いた形の劇場公開版のほうが映画としては完成度が高くておもしろいと思うからです。

最初に仮で編集したバージョンがディレクターズ・カット版で、それをもっとおもしろくなるように再編集したと言われたら納得しそうなテンポの良さが劇場公開版にはあります。

だから、誰かに『ブルース・ブラザース』のバージョンはどちらが良いかきかれたら劇場公開版をすすめます。

ただ、どちらのバージョンが好きかは個人の好みによるのでディレクターズ・カット版のほうが好きという人もいると思います。ふたつをみくらべてどちらのバージョンが好みか確かめてみるのもおもしろいです。

「ジェイクとエルウッドは血がつながっていない」

知っている人は多いと思うのですが一応書いておきます。ジェイクとエルウッドは実の兄弟ではありません。

見た目が全然ちがうけど血がつながっている孤児の設定だと勘違いしていました。孤児だったジェイクとエルウッドが同じ孤児院で育ち、後に義兄弟になった設定だそうです。