『AB事件』ほぼ日刊イトイ新聞 – おすすめウェブコンテンツ

webcontentsエンタメ/ハウツー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

見直してもやっぱりおもしろい。

名作コンテンツです。

『AB事件』

掲載サイト – 「ほぼ日刊イトイ新聞」

ほぼ日刊イトイ新聞の関係者6名の実際の体験を基にして再構成したコンテンツ。”ヤツ”とはいったい誰なのか。

(ほぼ日刊イトイ新聞Twitterより)

『AB事件』は「ほぼ日刊イトイ新聞」内のコンテンツ。「ほぼ日刊イトイ新聞」は糸井重里がはじめたウェブサイト。サイト開設は1998年より。運営は株式会社ほぼ日。

スポンサーリンク

『AB事件』について

ab

『AB事件』は「ほぼ日刊イトイ新聞」内の連載コンテンツ。2010年に連載されました。

当時のほぼ日刊イトイ新聞の関係者が実際に体験した出来事を基にしたコンテンツです。

”ヤツ”とはいったい誰なのか。

本当にあった『AB事件』

謎の冒頭部からはじまるこのコンテンツ。読んでいる人はこの『AB事件』を体験した6名と一緒に犯人を捜すことになります。

タイトルに”事件”とあります。でもこわい話ではありません。

ただ、登場する6人の中に事件の犯人が本当にいます。誰が犯人なのか。

第1話に説明があるのですが、このコンテンツはある出来事に関するドキュメンタリーの部分と再構成した部分を組み合わせたものです。

関係者の証言。事件解決のヒントになる新情報。それらを頼りに犯人を推理します。

探偵が登場するミステリのようですが、明らかになる事件の真相はフィクションではなく現実です。

実際に起こったミステリのような展開を再構成してこのようなコンテンツを完成させたことにびっくり。