「今月についてのレポート。全部。」

21cイベント/カルチャー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【最終更新日:2018年7月】

 今月についての感想レポート。

ほぼ日刊イトイ新聞『観たぞ!』シリーズについて。

スポンサーリンク

『観たぞ!』(2018年2月)

ほぼ日刊イトイ新聞のオリンピック開催期間中の恒例企画『観たぞ!』シリーズ。

これはテレビなどでオリンピックを観戦した後、感想を投稿して報告しあうコンテンツ。2004年からはじまった企画でほぼ日刊イトイ新聞の永田という人がずっと担当をしている。

シリーズ1回目の2004年はアテネオリンピックのとき。このときのタイトルは『昨夜、オレは観た!』

この冒頭で永田氏が書いていたこと。

オリンピックが大好き、いつか生で観るのが夢だ、など。

アテネに行って観戦するつもりだったとも書いてあった。

永田氏が担当するこの『観たぞ!』シリーズはオリンピックの感想メールを募集してそれにコメントを付けて翌日掲載する形式。

オリンピック開催期間中、永田氏は社内の一室でコンテンツの編集を担当する。

永田氏はこの部屋に設置したテレビでオリンピック中継を観ているそうだ。

『観たぞ!』は2004年からずっと続いている。

担当したのは全て永田氏だった。

つまりこの人、まだオリンピックを生で観戦したことがない。

夢、かなってない。

このシリーズがあるたびにアテネに行くつもりだったという話を思い出して気になっていた。

テレビ観戦でももちろんおもしろい。でもこんなにオリンピックが好きな人なら生で観ることになればもっと楽しめるだろうな。そんなことを思っていたらオリンピックが東京で開催されることに決まったのだった。

2016年の『観たぞ、リオデジャネイロオリンピック!』のときに投稿を募集する形式をやめると発表があった。まだ未定だけど今までとはちがった形になるという話だった。

2018年の『観たぞ!』ではまだ投稿形式だったけど、次回は本当に別の形式になりそうだ。

現地からテキスト中継とかもあるだろうか。そうだとしたら永田氏はオリンピック会場に行けるかもしれない。

開催地は東京だし。今まででいちばん近いし。

東京オリンピックではそうなったらいいと思う。永田氏の夢がかなうことを期待。