2019年と2018年のもう一度見たい映画

映画/本/音楽
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

年末なので今年の振り返りのつもりでメモ。

2019年の映画について振り返りなど。

 

もう一度見たい映画のリスト(2019年日本公開分)

  • ファースト・マン
  • バーニング 劇場版
  • よこがお
  • アポロ11 完全版
  • WE ARE LITTLE ZOMBIES
  • フリーソロ
  • お嬢ちゃん
  • エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
  • アンナ デジタルリマスター版
  • ジョーカー
  • 象は静かに座っている

計11本。見た順番。たぶん公開された順もこれで合ってる。

スポンサーリンク

今年2019年は映画の当たり年だった

「今年2019年は映画の当たり年だった。おもしろい映画がたくさんあった」みたいな話をよくきいていた。

自分はどうだったか。確かめようと思って2019年の映画からもう一度見たいものを選んだ。

それが上のリスト。今年はもう映画館で新作を見る予定がないのでこれで全部。

計11本の良かった映画。もう一回見たい。

去年の同じリストは4本なので確かに多かった。

「もう一度見たい映画のリスト(2018年)」はこれ。

旧作の再上映だったものを外すと4本になる。

  • わたしたちの家
  • 枝葉のこと
  • スリー・ビルボード
  • 斬、

※「枝葉のこと」は2017年限定公開で劇場公開が2018年だった

 

その前の2017年も5本くらいだったはず。

というわけで、自分にとっても2019年はおもしろい映画がいろいろ公開された年でした。

二ノ宮隆太郎監督主演の映画「枝葉のこと」って知ってますか
2020年時点で未ソフト化の映画「枝葉のこと」について。 タイトル「枝葉のこと」 日本映画 2017年製作 監督脚本 二ノ宮隆太郎 出演 二ノ宮隆太郎ほか 複数の海外の映画祭で出品作品に選出...